2014年

9月

21日

「フュージョンファクトリー展」より

ノグチミエコさんが主催する湘南のガラス工房 フュージョンファクトリーの作品展を開催中です。

ノグチミエコさんは、宇宙の作品でよく知られていますが、今回の展示会では富士をテーマにした一連の作品を発表しています。季節や時間、天候により刻々と表情を変える富士山の姿をガラスで見事に表現しています。

 

「富士百景 海龍」

左から「富士百景 紅匂」、「雪月花 花笠不二」、「富士百景 夕凪」。

 

朝日に真っ赤に映える赤富士。晩夏から初秋にかけて時々起こる現象だそうです。一瞬の富士の姿をそれを包む大気ごとガラスの中に表現されています。

「富士百景 ダイヤモンド富士」

 

日の出と日の入りの時に輝くダイヤモンド富士。

澄み渡った空気の冷たさも感じて・・・

2014年

9月

11日

ちょっとハロウィン

いつの間にか日本でも年中行事として定着したハロウィン。

でもハロウィンてそもそも何なのか、どうやって楽しむものなのかよく分かりません。

店頭には「ジャックランタン」などのグッズが並んでいますが、何となく馴染めないという方も少なくないのでは。

そんな方におすすめは、間宮香織さんのガラスのかぼちゃです。手のひらに乗る可愛らしいかぼちゃを飾ってちょっぴりハロウィンを楽しんでみませんか?

2014年

8月

19日

「夏を楽しむガラス」より・・・③

八木俊之「カードたてになるウサギとネコ」
八木俊之「カードたてになるウサギとネコ」

八木俊之さんの作品です。

2匹で仲良くカードを支えるウサギとネコ。1匹でも使えます。ガラスの彫刻のような透明感が涼を誘いますね。

ちなみにカードの写真の風鈴も八木さんの作品で、涼しげな音て展示を演出しています。

八木俊之 「蚊遣り」、間宮香織「かたつむり」、小浜恵子「笹の葉豆皿」
八木俊之 「蚊遣り」、間宮香織「かたつむり」、小浜恵子「笹の葉豆皿」

インテリアを涼しく、楽しく飾ってみませんか?

作品を組み合わせると楽しさはさらに広がります。

 

グリーンを添えてお楽しみください。

間宮香織 「サボテン」、「洋梨」
間宮香織 「サボテン」、「洋梨」

2013年

7月

22日

ノグチミエコの新作オブジェ

  開催中の「ノグチミエコとフージョンファク

  トリー展」から、ノグチミエコさんの新作

  オブジェをご紹介します。

 

  「ICE BERG オーロラツリー」と「ICE

  BERG BALL」。今の季節に嬉しい、涼を呼ぶ

  オブジェです。左の2点は上部にオーロラが

  見えます。

      

    

      「ICE BERG オーロラツリー」を黒い背景で

       見ると海と氷山、オーロラがはっきり見えます。


       「ICE BERG オーロラツリー」のオーロラの部分は、

       蓄光材を使っていて、暗闇でブルー~グリーンに

       光リ、一段と幻想的な眺めになります。

       (この写真は、ブラックライトを当てて撮影したもの

       です。)


     「オーロラドーム LED台付き」

 

      これも氷山とオーロラの眺めをオブジェにした

      作品です。LEDの台に載せると氷山が光ります。


      同じ作品をブラックライトを当てて見ると・・・

      蓄光材を使ったオーロラが夜空に浮かび上がります。

  「The Big Wave」

 

  ノグチさんは以前にも北斎の浮世絵「浪うら」

  をガラスで表現した作品を作っていますが、

  今年の波は、サーファーでも現れそうな南の

  海。動きのあるダイナミックな作品です。

2013年

5月

27日

私の名前は?

間宮香織「ハンプティ・ダンプティ」
間宮香織「ハンプティ・ダンプティ」

  間宮香織さんの楽しい作品が届きました。

 

  私の名前分かりますか?

  「マザーグース」でおなじみの「ハンプティ・

  ダンプティ」です。

  で、ハンプティ・ダンプティの正体は?

 

  點燈夫のデスクの上でいばっていますが

  転がり落ちないでね・・・

2013年

1月

11日

ガラスのマジック(ペーパーウェイト)

安達征良 「ペーパーウェイト キューブ」
安達征良 「ペーパーウェイト キューブ」

  小さくカットしたガラスをつなぎ合わせ

  キューブにした安達征良 さんのペーパー

  ウェイトです。見る角度 により表情を変え

  る不思議なガラスです

 

安達征良 「ペーパーウェイト 箔カットキューブ」
安達征良 「ペーパーウェイト 箔カットキューブ」

   まるで組み木細工のようですね。

  小さなガラスを 組み合わせたり、カットし

  たり、角度を変えてまたつなぎ合わせ

  たり、その過程でいくつかの面に銀箔

  を貼りつけたり、という作業を繰り返して

  作られているそうです。

安達征良 「ペーパーウェイト 玉カット」
安達征良 「ペーパーウェイト 玉カット」

   小さな穴をあけた三層のガラスを重ね合

  わせ、底に玉カットを施すことにより、奥行

  きのある泡の花の模様になっています。

<點燈夫 店舗紹介>

千葉市中央区新町1000番地

そごう千葉店9階=趣味の街

Tel/Fax:043(245)8249

 

點燈夫は、そごう千葉店9階趣味の街にあるお店です。ステンドグラス、ガラス工芸作家の作品を常設展示するほか、さまざまな企画展を開催しています。

 

 

<常設展示作家>