2015年

3月

10日

ドレープランプ

緒方修一さんの小さなテーブルランプです。

普通ステンドグラスランプと言えば複数のパーツをはんだ付けしてシェードの形にしますが、ドレープランプは四角い板ガラスを熱で曲げて作ります。まるでハンカチをつまんでふわっと持ち上げたようです。柔らかさ、シンメトリーでない面白さがあります。

ガラスそのものの魅力が光るランプ。淡い色を使いながら深みのある重厚感を感じさせます。

2014年

1月

13日

和の灯り

ANDON 1
ANDON 1

外側は和紙を挟んだガラス、内側は江戸小紋などの染色の型染めに使われる伊勢型紙を2枚のガラスで挟んだものです。点灯すると型紙に彫られた模様が外側のガラスに映し出されます。洋室にも合う新しい感覚の和の灯りです。

ANDON 2
ANDON 2

こちらも伊勢型紙を使った灯りです。まるで障子に映った夕景のよう。テーブルにも幻想的な影が広がります。

2013年

7月

20日

ステンドグラスランプ(新着)

緒方修一 「7インチ フリグリー」
緒方修一 「7インチ フリグリー」

  緒方修一さんの新着作品をご紹介します。

  「7インチ フリグリー」 

  「フリグリー」とは「網目模様」の意味です。

  和風のガラスに真鍮の板を網目にしたものを

  重ねてハンダ付けしてあります。明かりを点け

  ると切り絵のようにアイリスのはなの絵柄が

  浮かび上がります。

  高さ28cmと小ぶりで、玄関、出窓、サイド

  テーブルなどいろいろな場所で楽しめます。

2013年

4月

17日

ランプのある部屋

  「緒方修一のステンドグラスランプ」展が始

  まりました。

 

  部屋のコーナーや窓辺にランプを置くことで

   部屋は安らぎの空間に変わります。

  緒方修一のオリジナルテンドグラスの魅力

  とあわせて、「ランプのある部屋」の魅

  をお楽しみください

 

  5月6日(月・祝)までそごう千葉店9階特

  設会場で開催しています。

      今回の展示の中から新作をいくつかご紹介し

      ます。

 

      「9インチ ファイアーワーク」

 

      シェードは同心円の筋が年輪のように入った

      独特のロンデルガラスを用いています

      「9インチ アンブレラ」

 

      傘を掲げ持つ彫像をベースにし、ランプとしても

      彫刻 としてもお楽しみいただける作品です。

      「16インチ オーガナイズ2」

 

      直径16インチ(40cm)と大ぶりの作品ですが、

      白を基調としたシンプルなガラスはどんな部屋

      にも映えます。

<點燈夫 店舗紹介>

千葉市中央区新町1000番地

そごう千葉店9階=趣味の街

Tel/Fax:043(245)8249

 

點燈夫は、そごう千葉店9階趣味の街にあるお店です。ステンドグラス、ガラス工芸作家の作品を常設展示するほか、さまざまな企画展を開催しています。

 

 

<常設展示作家>