2016年

3月

29日

「鯉のぼり・兜特集」より

今年も端午の節句を祝う鯉のぼりや兜の作品を特集しています。その中から新作をいくつかご紹介します。

 

ノグチミエコさんの「琳派流水紋兜」。

金色に緑色の流水紋が映え、豪華で格調の高い兜です。

八木俊之さんの新作を2点ご紹介します。

 

鮮やかな赤兜。

シックな黒兜。

喜多里加さんの「陶鯉のぼり」です。

敷物、衝立、屏風がセットになっています。

衝立には、端午の節句にふさわしい蜻蛉(勝虫)、菖蒲(勝負)が描かれています。

0 コメント

2015年

4月

04日

金太郎 (兜と鯉のぼり特集)

金太郎といえば熊と相撲をとったり、巨鯉を捕まえたりお馴染の逸話があります。男の子の立身出世と健康を願って、古くから金太郎と鯉はさまざまな形で表現されてきました。

 

人形作家松本昌子さんの「五月人形」。

紙粘土に和紙や布を貼ったものです。

 

鯉は金太郎に捉えられて観念したのでしょうか。


伝統的な「鯉金」の図柄の七宝ブローチです。ブローチとして楽しんだり額に飾ることができます。

七宝作家世良恵子さんの作品です。金太郎の表情や鯉の鱗の表現が見事です。



同じく世良恵子さんの額付七宝ブローチです。

熊の表情が何ともかわいいですね。

七宝ブローチを小さな座布団にとめて籠にのせた小さな節句飾りです。兜や鯉のぼり、菖蒲のピンブローチも。プレゼントにもお勧めです。

2015年

4月

04日

ガラスの兜(兜と鯉のぼり特集)

男の子の逞しい成長を願って飾る兜飾り。ガラスの兜は現代的でコンパクトなデザインが若い世代のライフスタイルにぴったりです。

初節句のお祝いとして、また、季節を楽しむインテリアアイテムとしてお楽しみいただけます。


ノグチミエコさんの「赤兜」。

赤が一際美しい作品です。

 山崎雄一さんの「蒼の兜菖蒲花揃え」


マットなガラスの上品な作品です。

ガラスの菖蒲と小壺を添え、金屏風を飾れば立派な節句飾りになります。

 八木俊之さんの「兜」はガラスの美しさが魅力です。青と緑が溶けあった深い色が、光を通すと一段と美しく見えます。



同じく八木さんの兜です。

金属質の光沢があり、いかにも兜らしい作品です。

2015年

3月

28日

およぎだした鯉のぼり (兜と鯉のぼり特集)

今年も間宮香織さんのガラスのこいのぼりがさわやかに泳ぎ出しました。

 

明るい色と動きのあるデザインで人気のこいのぼり。好きな色を選んで組み合わせたり、兜や屏風を添えたり自由にお楽しみいただけます。


体長約27cmの大きなコラージュ模様のこいのぼりです。

美しいうろこの模様に金箔を飾って華やかに。

仲良く泳いでいます。

可愛らしいムリーニ柄のこいのぼり。同色の兜と飾りました。

ブルーとピンクのペア。黒台にのせ屏風を添えれば立派な節句の飾りになります。

2014年

4月

08日

ガラスの鯉のぼり・兜 2014

山崎雄一 「蒼の兜 花菖蒲揃え」
山崎雄一 「蒼の兜 花菖蒲揃え」

三月は増税前の準備でばたばたと過ぎ、気がつけば五月の節句まで一月足らず。鯉のぼりや兜に関するお問い合わせも増えています。

今年も點燈夫では、ガラスの兜と鯉のぼりを特集しています。今日は、これまで取り上げなかった作品をご紹介します。

 

山崎雄一さんは、クリアなガラスやシックな色のガラスで落ち着いた風格のある作品を制作しています。

花菖蒲と同色の小壺、金屏風を添えて、初節句のお祝いお勧めです。

可児友紀 「兜 三日月」
可児友紀 「兜 三日月」

単純化したデザインですが、質感、重厚感がたくみに表現されています。季節感を楽しむお洒落なインテリアとして。

伊藤ナツキ 「鯉のぼり」
伊藤ナツキ 「鯉のぼり」

大きな口を開けて泳ぐ鯉のぼり。
伊藤ナツキさんの作品は、若々しい感性あふれる作風で人気です。

2013年

3月

31日

ガラスの兜・こいのぼり ②

ノグチミエコ 「硝子の兜 琥珀」 大
ノグチミエコ 「硝子の兜 琥珀」 大

  桜が咲いて春が来た!と喜んだのもつ

  かの間、季節は行きつ戻りつという感じ

  です。

 

  今日は、ノグチミエコさんの作品をご紹介

  します。

 

  ノグチさんの「硝子の兜」は、色は琥珀、

  クリア、ブルー、薄墨、グリーンの5種類、

  それぞれ大・小の2サイズがあります。

  お部屋の雰囲気に合わせて・・・

ノグチミエコ 「硝子の兜 クリア」 大
ノグチミエコ 「硝子の兜 クリア」 大
ノグチミエコ 「硝子の兜 湘南ブルー」 大・小
ノグチミエコ 「硝子の兜 湘南ブルー」 大・小
ノグチミエコ 「鯉のぼり 錦」
ノグチミエコ 「鯉のぼり 錦」

  写真では分かりづらいのですが、表面は

  金糸を織り込んだ錦のように美しく、表情

  は何ともいえずユーモラス。風に向かって

  元気に泳ぐ鯉のぼりです。

<點燈夫 店舗紹介>

千葉市中央区新町1000番地

そごう千葉店9階=趣味の街

Tel/Fax:043(245)8249

 

點燈夫は、そごう千葉店9階趣味の街にあるお店です。ステンドグラス、ガラス工芸作家の作品を常設展示するほか、さまざまな企画展を開催しています。

 

 

<常設展示作家>