長谷川淑子  Yoshiko HASEGAWA

大阪生まれ。京都教育大学西洋画科卒業。京都工芸指導所で七宝を学ぶ。

1970年から現在まで、国内、国外(スイス、バーゼル、ドイツ、ウィーン、フランス、中国、

ニューヨーク、ロスアンゼルス、ヒューストン、ツーソン、シカゴ等)で、個展、グループ展多数開催。

 

1976 シルクスクリーンを七宝に焼きこむ研究を始める。

1984 今日のジュエリー世界の動向展(近代美術館、京都・東京)

1985 漆を七宝の表面に塗る(うるししっぽう)発表。

1989 不思議な輝きを持つ(きらえくら)を発表。

     F.I.T(ファッション工科大学)及びパーソンズ・スクール・オブ・デザイン(ニューヨーク)

にてレクチャー、ワークショップを開く。

インターナショナル・エナメル・コンベンションにてレクチャー、ワークショップを開く。

インターナショナル・アート・コンペティション銀メダル受賞(ニューヨーク)。

1991 ヴィトレマイユ(ガラス胎七宝)の研究を始める。

1992 ニューヨーク近代美術館ミュージアムショップのコレクションに加わる。

1993 G.A.S.(グラス・アート・ソサイティ)のメンバーになり毎年参加する。

1995 和紙に七宝、ガラス、メタル等を漉き込むアントルパビエを始める。

1997 ツーソン(アメリカ)GAS EXPOインターナショナルに参加。

1998 GAS IN SETOの会議でガラス胎七宝のワークショップを開く。

2000 ヴィトレマイユ・ジュエリー2人展(ソーホー・ニューヨーク)。

     S.O.F.A(スカラプチャー・ジュエリー・オブジェ・ファンクショナル・

アート)シカゴ展に参加。

200108アントルパピエ&ヴィトレマイユのあかり展(東京他)。

2003 長谷川淑子の造形展(TEPCO銀座)プラスマイナズギャラリー)

200809フランス「メゾン&オブジェ」に出展

2010 ECLAT DE MODE The Fashion Side of Jewelry(パリ)に出展

 

現在、長谷川淑子七宝工房主宰、七宝造形グループ「花白組」組長。

 

主な著書「七宝焼」「新しい七宝」「七宝ア・ラ・カルト」「ガラス胎七宝」「電子レンジでガラス胎七宝」

「電子レンジで銀七宝」「ゆきこんでガラス胎七宝」「七宝アクセサリー」「七宝クラフト」「七宝の用具・

材料」

 

<點燈夫 店舗紹介>

千葉市中央区新町1000番地

そごう千葉店9階=趣味の街

Tel/Fax:043(245)8249

 

點燈夫は、そごう千葉店9階趣味の街にあるお店です。ステンドグラス、ガラス工芸作家の作品を常設展示するほか、さまざまな企画展を開催しています。

 

 

「クリスマスコレクション」

「兜・鯉のぼり特集」

<常設展示作家>