「ヨーロッパの小さな蚤の市」

2017年11月16日(木)~29日(水)

 

海の向こうからやってきた懐かしのものたち・・・

ドイツ、東欧を中心にした、アンティークレース、リネン、ソーイング材料、アンティークアクセサリー、玩具など、古き良き時代の品々を特集します。

 

「緒方修一・緒方孝拡 ステンドグラス作品展」

2017年10月24日(火)~11月15日(水)

 

ステンドグラスの第一人者緒方修一さんと若い感性で新しいガラスの創造に挑む孝拡さん父子の作品展です。

それぞれのガラスが映し出す光と影の美をお楽しみください。

 

 

 

 

「松本昌子人形展」

2017年10月3日(火)~23日(月)

 

独特のフォルムと何層にも重ねられた布。

松本昌子さんの人形と相対する時、人形たちの静かな息遣いと深く秘められた思いを感じます。

 

金魚や招き猫などの商品も魅力的です。

どうぞご覧ください。

「フュージョンファクトリー ガラス展」

2017年9月12日(火)~10月2日(月)

 

ガラスアーティスト ノグチミエコが主宰する湘南のガラス工房フュージョンファクトリーの作家たちによる作品展です。器、オブジェ、ガラスジュエリー等多彩に展示販売いたします。あわせてノグチミエコの新作宇宙オブジェもご紹介。魅力溢れる作品の数々をどうぞご高覧下さい。

ノグチミエコ 「Planet Earth φ75mm」
ノグチミエコ 「Planet Earth φ75mm」

「喜多里加作陶展 ― Autumn Collection 2017 ―」

2017年8月22日(火)~9月11日(月)

明かりを灯し、花を飾り、お茶を愉しむ・・・

そんな日々の暮らしの中の至福のひと時を彩ります。

器、ランプ、万華鏡、アクセサリーなど、魅惑の陶作品の数々をお楽しみください。

 

<作家在廊>

8月22日(火)、9月2日(土)、11日(月)

「―「用」と「美」を楽しむ― 暮らしの中の工芸展」

2017年7月11日(火)~31日(月)

古くから生活の中に伝統文化が息づく金沢。その風土の中で研鑽を積んだ金沢ゆかりの4人の工芸作家たちのガラス、陶、染の作品を特集します。暮らしの中で上質の美しさが光る作品をどうぞご高覧ください。

 

<出品作家>

安達征良 / ガラス器

安達綾子 / ガラスのアクセサリー

須藤真美子 / 染色作品

中村基克 / 陶器

「児玉冬木作陶展 ― あたたかな、かたち ― 」

2017年6月20日(火)~7月10日(月)

千葉県市原市在住の陶芸家児玉冬木さんの作品展です。

花器や器など独特の形と色は、土の持つ温かさと相まって見る者、使う者を優しい気持ちにしてくれます。葉文シリーズなど新作も多数ご紹介しています。

 

<作家在廊> 

6月20日(火)、22日(木)、24日(土)、

25日(日)、7月1日(土)、2日(日)、8日(土)、9日(日)

各日午前11時~午後5時  

「夏の長谷川淑子展」

2017年5月30日(火)~6月19日(月)

 

きらえくら、ヴィトレマイユ(ガラス胎七宝)、七宝など、長谷川淑子のオリジナルアクセサリーを特集します。常に新しい形、新しい色を生みだしている長谷川淑子。今年も新作をご紹介します。

 

<作家在廊> 5月30日(火)、6月3日(土)、10日(土)、19日(月)

      各日 11時~17時

「初夏の器と染こもの」

2017年5月8日(火)~29日(月)

 

陶、ガラス、そして染色。それぞれの形と色彩で金沢を拠点に制作をしている3人です。近づく夏に向けての三人三様の作品を集めてご紹介します。

 

<出品作家>

田圃佳代子/陶

長嶋貴子/ガラス

宮嶋千恵/染

「佐山泰弘『猫』作品展 ― そこに猫がいるシアワセ。―」

2017年4月18日(火)~5月8日(月)

 

あたたかなランプの明かりの空間で、柔らかな猫たちがくつろぎ、遊びます。立体作品と日本画・佐山泰弘の猫たちに、どうぞ会いにいらしてください。

 

○ 愛猫さんの立体作品制作を承ります。

  お写真をどうぞお持ちください。

 

○ 作家在廊:4/18(火)・22(土)・29(土・祝)5/6(土)・

  5/8(月) 各日午後1時~1午後6時(最終日は午後4時まで)

「木の香マトリョーシア展」

2017年3月4日(金)~20日(月・祝)

 

日本でもお馴染みのロシアの入れ子人形マトリョーシカ。マトリョーシカの専門店銀座「木の香」が、ロシアより直接買い付けた価値ある作品を、豊富な品ぞろえでご紹介します。工房や作家で表情を変えるコレクションをお楽しみください。

 

日本でもおなじみのロシアの入れ子人形マトリョーシカ。マトリョーシカの専門店銀座「木の香」がロシアより直接買い付けた価値ある作品を、豊富な品ぞろえでご紹介します。作家や工房によって表情を変えるコレクションをお楽しみください。

「新春を彩るガラス」

2016年12月26日(月)~2017年1月16日(月)

 

新年の祝いの膳を彩るガラス器や、新しい年の幸せを祈って飾る干支の置物やガラスの鏡餅などを特集します。伝統の形を新しい感覚で表現した作品の数々をお楽しみください。

<點燈夫 店舗紹介>

千葉市中央区新町1000番地

そごう千葉店9階=趣味の街

Tel/Fax:043(245)8249

 

點燈夫は、そごう千葉店9階趣味の街にあるお店です。ステンドグラス、ガラス工芸作家の作品を常設展示するほか、さまざまな企画展を開催しています。

 

 

<常設展示作家>