児玉冬木作陶展 「土と遊ぶ」より ①

掛流文なぶり鉢
掛流文なぶり鉢

  児玉冬木作陶展が始まりました。作品を「土

  の創造物」といとおしみ、「あたたかなもの

  とのふれあいを大切にしていきたい」という

  児玉冬木さん。「土と遊ぶ」というタイトル

  にその思いをこめました。

 

  児玉さんの作品は、どれもどっしりと力強く、

  それでいて柔らかい雰囲気があります。

 

  今回の新作「掛流文」の作品をご紹介します。

焼〆掛流ビアマグ
焼〆掛流ビアマグ

  掛流文は、柄杓で釉薬を流しかけて描く文様

  です。児玉さんは、さらに生乾きの時に線や

  四角を削ってアクセントをつけ、独特の表情

  を創りだしています。

掛流文皿、マグカップ、ゆのみ
掛流文皿、マグカップ、ゆのみ

<點燈夫 店舗紹介>

千葉市中央区新町1000番地

そごう千葉店9階=趣味の街

Tel/Fax:043(245)8249

 

點燈夫は、そごう千葉店9階趣味の街にあるお店です。ステンドグラス、ガラス工芸作家の作品を常設展示するほか、さまざまな企画展を開催しています。

 

 

<常設展示作家>