「木と布とガラスと琵琶湖からの風」

滋賀県在住の3人の工芸作家の作品展「木と布とガラスと琵琶湖からの風」は、今日最終日を迎えます。PCのトラブルでご紹介が遅くなってしまいました。

 

木工作家青木義雄さんの作品の中で今回特に人気の高かった「拭漆掛け花生け」です。自然の木目や節、虫に喰われたあとなどをいかして仕立てられています。

「杉拭漆盆」 取っ手は桜の枝です。

「桜拭漆ぐい呑」 桜の枝をくり抜いたぐい呑です。

 自然の形の面白さと温かみが魅力です。

「小枝拭漆箸置」 桜とさるすべりの細い枝で。

川崎寿喜の「シルク4枚びらストール」 4枚の布が中をで縫い合わされていて、1枚は生成り、3枚はグラデーションをつけて染められています。軽く捻って使ってもお洒落です。

左は藍染、右は柘榴染めです。

バッグは「麻生平綴れ織り」。和服にも洋服にも似合うデザインです。

同じく八木さんの「冷酒セット」

片口、ぐい呑2個、箸置き2個のセットです。

片口は美しいだけでなく持ちやすいデザインになっています。

八木俊之さんの「冷酒グラス『積(そう)』

分厚い底の真ん中に挟んだ色ガラスが上面に映り込みます、不思議な世界を創り出します。

5色ありますが、えんじ色のは今年度の「クラフトで乾杯!」入選作品です。

<點燈夫 店舗紹介>

千葉市中央区新町1000番地

そごう千葉店9階=趣味の街

Tel/Fax:043(245)8249

 

點燈夫は、そごう千葉店9階趣味の街にあるお店です。ステンドグラス、ガラス工芸作家の作品を常設展示するほか、さまざまな企画展を開催しています。

 

 

<常設展示作家>